OTOCARE Fuji Iyashi no Mori

Created by Nick Luscombe (MSCTY), Hikari Sandhu, Yu Morishita

November 15th 2020
Transmission starts at 1 pm JST

As the world is experiencing an unprecedented global pandemic, we are increasingly exploring a new normal to build our everyday life. The role of OTOCARE Fuji Iyashi no Mori is to unravel how sound and music can enrich our experience of the forest, and how, in turn, the natural environment can inspire the way we listen to and appreciate sound in nature. We will be discussing, a form of sound made by forest and music, potentials in our new places, and the future relationships between the forest and ourselves.

Date:November 15th, 2020
Time:13:00~15:45
Location: UTokyo Fuji Iyashinomori Woodland Study Center (FIWSC)
Type: Not open to public onsite / Open online

「OTOCARE 富士癒しの森」

今世界的パンデミックの中で、私たちはこれまでの当たり前が大きな変化を向かえています。大きな変革の渦にいる一つが音楽の世界です。人との交流の制限によって、音楽業界はコンサートの開催が困難になるなど、新しい音楽の形を求められてるなか、私たちは音楽と自然の新しい関係性に注目しました。OTOCARE Fuji Iyashi no Mori では、5組の音楽演奏を介して、森と音楽が作る音の形、私たちの新しい居場所、そしてこれからの人と森の関係づくりについて考えます。

日程:2020年11月15日
時間:13:00~15:45
場所:東京大学富士癒しの森研究所



Sound Path Through the Forest:

Performers Include:

Emiko Miura – toy piano

Pianist, Arranger, Composer. Born in Tokyo, Emiko began playing the piano at the age of three. She moved to London in 2007, with an entrance scholarship to the Royal Academy of Music, where she studied solo piano, chamber and Harpsichord. She obtained the Frederic Jackson Award in her second year and graduated as Master of Arts in 2009. Before coming to London, she studied BMus at Tokyo College of Music and Liszt Ferenc Academy, Budapest as a postgraduate. Emiko has won many prizes in competitions, including the Janet Duff Prize from Royal Academy of Music and the 1st prize in the Japan International League of Arts Competition.

三浦永美子

幼少よりピアノ、ソルフェージュを始める。入学奨学金を得てロンドンの英国王立音楽院大学院修士課程へ入学。ピアノ、室内楽、チェンバロを学び修士課程を修了、ロンドン大学の芸術修士号を取得。 王立音楽院よりJanet Duff Greet Prize (現代音楽賞)、Frederic Jackson Awardなど国内外にて多数受賞。渡英前はハンガリー国立リスト音楽院、東京音大ピアノ演奏家コースにて学ぶ。大学院卒業後はロンドンを拠点とし、ヨーロッパ各地にて演奏活動を開始。NYカーネギーリサイタルホール、ブリストル大聖堂などで公演を行う。作曲家の新作発表にも携わり、イギリス作品などの日本初演を含め各国にて演奏。BBCラジオでは現代音楽についてのトークと演奏が放送された。これまでにLeeds Lieder Festival、BBCプロムス、ラフォルジュルネ等の国際音楽祭に出演。近年はワークショップや音楽育成事業に指導者、演奏者として参加。アートショー、エキジビションなどでも幅広い音楽活動を展開している。

Played @

February 13th, 2021 ~ 29 days / Radio: BBC Radio 3 / Playback @ 01:29:41~01:35:48 / https://www.bbc.co.uk/sounds/play/m000s8dz

Masanori Oishi – solo saxophone

Receiving his undergraduate and master’s degrees from the Tokyo National University of Fine Arts and Music (now Tokyo University of the Arts), Oishi went to France to study at the Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris in 2001. He graduated with top honors (mention très bien) in saxophone, chamber music, and free improvisation.  The same year he advanced to the school’s 3rd level Chamber Music Course (Classe de Musique de Chambre, 3e cycle de perfectionnement), completing it in 2007. From 2002 to 2004 he studied on a research grant from Japan’s Agency for Cultural Affairs in their Program of Overseas Study for Upcoming Artists.

大石将紀

主に現代音楽の分野を中心に演奏活動をしているサクソフォン奏者。

東京芸術大学卒業。同大学院修了後渡仏、パリ国立高等音楽院・大学院修了。0204年まで文化庁派遣芸術家海外研修員として研鑽を積む。在仏中は、ダヴォス国際音楽祭(スイス)等の音楽祭、ポンピドゥーセンターやルーブル美術館(共にパリ)のプロジェクトに参加。08年に帰国し東京オペラシティ財団「B→C」に出演。朝日新聞誌上等で高い評価を得た。以降日本国内、ヨーロッパでのリサイタルや、サントリー・サマーフェスティバル、東京オペラシティ財団・コンポージアム、武生国際音楽祭などへの出演、TV、ラジオへの出演、地域創造の支援アーティストとして地域交流プログラムを展開するなど幅広い活動を展開。14年「東京現音計画」で第13回佐治敬三賞受賞。15年に「NOMAN’S LAND Masanori Oishi plays Jacob TV」をリリース。また18年日本、アメリカ、ヨーロッパでリリースした「SMOKE日本の無伴奏作品集」は令和元年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞した。現在、大阪音楽大学特任准教授、東京藝術大学、洗足学園音楽大学各講師、またエリザベト音楽大学特別講師として後進の指導にも当たる。

Chihei Hatakeyama – guitar, keyboard, laptop

Chihei Hatakeyama is an electronic music artist from Tokyo, Japan. He released his first full-length album, Minima Moralia in 2006. Hatakeyama’s music is characteristically very slow, composed by repeatedly processing guitars, pianos, and vibraphones on a laptop. The result is a mix of droning chords and sparse single instruments rising above the mix. His music may be classified as either ambient music, experimental music, or new-age music. Chihei Hatakeyama has released over 70 albums as of 2020.

畠山地平

東京出身のエレクトロニックミュージックアーティスト。2006年に最初のフルアルバム、Minima Moraliaをリリース。畠山の音楽は、ラップトップでギター、ピアノ、ビブラフォンを繰り返し処理することによって作曲され、特徴的に非常に遅いのが特徴。その結果、ドローンのコードとまばらな単一の楽器がミックスされ、ミックスを上回る。彼の音楽は、アンビエント音楽、実験音楽、ニューエイジミュージックのいずれかに分類される。2020年現在70枚以上のアルバムをリリース。

Nobuhiko Chiba & Mari Ono – tonkori

Nobuhiko Chiba (aka Sanpe) received a Doctorate of Musicology from the Tokyo University of the Arts (Graduate School) and has been involved in the Ainu music community since 1990 when he began studying Ainu music and instruments under the tutelage of Ainu elders in Hokkaido and the Kanto Region (Tokyo). During this time he learned the tonkori, a traditional Ainu five-stringed harp instrument that evokes different landscapes through the use of simple, repetitive melodies. As Chiba is not ethnically Ainu, he remained primarily a researcher for a number of years, rather than an active participant, until he became a music teacher for Ainu people. Now he performs together with his students to spread the beauty and cultural values of traditional Ainu music to a wider audience, including performing in front of the Emperor. He is a lecturer at Tokyo College of Music.(reprinted from https://jpf.org.au/events/living-room-tunes/)

千葉伸彦(別名 SANPE

1990年以来、北海道と関東地方(東京)においてアイヌの古老達にアイヌ音楽の教えを受けた。ミュージシャンを職としていたが自身は民族的にアイヌではないため表現者として積極的な参加はせず、近年アイヌの人々の音楽教師になるまで、研究者であり続けた。変化するアイヌ音楽伝承の現状に対し、現代社会に適応する伝承の方法を研究して、東京藝術大学大学院で音楽学博士号を取得した。研究は2020年に開設された民族共生象徴空間(通称ウポポイ)にて活用され、伝統的音楽手法を復元して評価を受けた。千葉はトンコリ(伝統的な5弦のハープで、シンプルで反復的なメロディーを使用してさまざまな風景を呼び起こす)を学び、現在はアイヌ音楽教師の傍ら、生徒や友人たちと共に演奏し、伝統的なアイヌ音楽の美しさと文化的価値をより多くの聴衆に広めている。最近の演奏活動としては、御前演奏(2018年)、フランスにおける「ジャポニスム2018」に物語の歌い語りであるカムイユカラの語りを出展(2019年)、シドニーのJapan Foundationからライブの YouTube配信(2020年)などがある。東京音楽大学講師。

おのまり

主に音楽を軸とし、宇宙科学、民族文化伝承、の3つの分野をつなぐ活動を行っている。国立音楽大学声楽科卒業。在学時よりミュージカル活動を始める。劇団四季にて団レパートリーに出演。退団後はミュージカルを中心とした商業舞台および小劇場公演、コンサート等多数。星空ユニット「ステラ・マリーノ」として、コミュニティーFMの星のコーナーを担当。プラネタリウムやホール、レストラン等での星と音楽と物語のコラボイベントを企画、演出、出演。宇宙サイエンスコミュニケーターと共に、出張移動式プラネタリウム、天文サイエンスカフェ、星空鑑賞会、夏休み科学工作教室、等も行っている。関東アイヌ民族の文化伝承団体「レラの会」に所属。樺太アイヌの伝統楽器トンコリや、アイヌの唄ウポポ、アイヌ舞踊、アイヌの山野草や料理の伝承を学ぶ。うたで人と繋がり、星で広い視点を持ち、民族伝承で多様な価値観の共生を生むことを、日々志しております。

Chor Fujimarimo – local philharmonic chorus

コール・ふじまりも(山中湖混声合唱同好会)

2011年「山中湖に歌声を」を動機に創立、現在有志による女性18名、男性9名の会員からなる。平均年齢は71歳。クラッシックから日本の歌、ポピュラーを持ち歌として混声合唱活動を実施中。コロナの影響により、半数名の参加にて普段は4部合唱のところを混声2部合唱とし、3~5月は自主練習として活動自粛をしていたが、6月以降、富士癒しの森研究所の森にて週2回の活動を継続している。

Documentation Team:

Film: Sam King Film
Live Narrow Casting: Henry Morse

Researches Include:

Cyber Forest: Akio Fujiwara (Fuji Iyashi no Mori): Forest Informatics
Listen to the Fuji Iyashi no Mori Sound Live from Cyber Forest

Morikatsu de Kenkou (Promotion of Health through “Mori Katsu” = Activities in the Forest)「森活で健康」は山中湖村と東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林富士癒しの森研究所との地域交流に関する協定に基づく共同プロジェクトです。

Biometric Measurement: Hikari Sandhu, Yukiko Matsunaga (Institute of Industrial Science)

Acoustic Measurement: Mitsuru Yabushita (YAB Corporation)

Postscript:

「OTOCARE」は、空間における音の可能性を再読する取り組みです。これまでに、音楽療法のプリンシパルを用い、自然音と音楽を用いた楽曲を、普段は音が極力遮断されている、病院環境で流す実験などを行ってきました。自然環境と都市環境におけるそれぞれの音の役割、人と空間、音が交差する場所について初心に戻り考えています。

これまでにコンサートホールやライブハウスなど、いわゆる建築の箱は、想定された音楽を正しく奏でるために、想定された人の集まり方を演出するために作られて来ることが多かったと思います。そのような箱の中における音の世界の活動が制限されている今日は、二つの方向性を試す良い機会だと考えています。一つはそのような箱のあり方を変えることで、これまでの活動を継続できるように考えること、もう一つは箱から出て、これまでとは異なる環境に、音楽(音)をする場所を探すことです。今回は後者の実験を想定しました。よく、「Think Out of the Box」 という表現が使われますが、その場合、箱の外に出て、なお箱のことを考える、というニュアンスが、特に建築関係の界隈では常態化しています。今回は、「Off the Box」、箱のことは忘れ、森を音楽をする場所として、音を奏でる場所としてみることで生まれる、異なる可能性を探求できるよう、「富士癒しの森」の研究者の皆さまと機会を作りました。

音楽という観点からは、屋内のように音が響かないこともあります。先月現地にて実施した音響計測では、コンサートホールよりも歌舞伎の芝居小屋に近い響き方をするということがまず初見として把握されました。また、鳥の声が背景音ではなく、目の前の環境として音楽の一部になるかもしれませんし、音を聞く側は、固定席で聞こえて来るものを享受するだけではなく、それぞれが聞こえやすい場所を探すことも、森は可能にするのかと想像しています。このような見識から、音響計測の方法に関しても今後検討が必要と感じられました。

今回、いわゆる観客席は決まった場所に設けず、声や音が小さければ近寄り、より鳥の声を混ぜたければ遠くへ足を伸ばし、森という空間を自由に歩きながら、音がある森を感じることも今回の実験の一部と考えています。異なる状態の森の地面が奏でる自分の足音、笹と触れ合う裾の音も、演奏の一部となるかもしれません。異なる状態に管理されている森へ、移動しながら音を体験することと同時に、音を媒体として森の空間を再読できればと思います。

この取り組みは、演奏会と呼ぶことも出来る傍ら、音を通した森の体験会ともとらえられます。実験会、でもありますが、今回は科学的に精密な計測を行うのではなく、参加者全員で、森を楽しみ、また時には不安に思い、時間を共有することで、新しい気づきを共有することが大切でした。

Downloads: